カマグラ通販の個人輸入は個人利用の範囲で

この章でわかること
・カマグラ個人輸入で買えるしくみ
・カマグラは自分のために買う
・どんなトラブルも自己責任

\たった3分ですぐ買える!/

カマグラゴールド
カマグラゴールド

カマグラはバイアグラのジェネリックで安く効果的にED治療ができます

カマグラ通販の個人輸入

カマグラを通販で入手するためには個人輸入の手段が必要です。
個人輸入で気をつけることはたった1つ、カマグラを「個人利用の範囲で使うこと」。

「個人利用の範囲」の定義とは何なのか?わかりやすくお話します。

カマグラ通販 個人輸入の基本

カマグラ通販をする上で個人輸入は必須の手段ですが、ルールはいたってシンプル。
たった2つのルールを守れば問題ありません。

【1】個人利用=自分のために使うこと

カマグラ通販の場合は自分のEDを治療することが目的なので、その目的からズレなければOK。逆に言いかえると、自分以外のために使うのはNGとなります。
個人利用の範囲からズレる具体的な行動は次の章で説明します。

【2】1度に買えるのは1カ月分まで

個人利用の範囲とあるように、1度に買えるのは多くても1カ月分までとなっています。
理由としては、1人で使うのに大量には必要ないという厚生省の取り決めのため。

海外から発送される際に税関を通るわけですが、量が多いと販売目的だと疑われることも。したがって、1度に買う量は多くても1カ月分までにしておくことをオススメします。

カマグラ通販 個人利用から外れること

個人利用の範囲は「自分のために使うこと」でしたが、逆に個人利用の範囲をこえてしまうのは何なのか?代表例を3つピックアップしました。

【1】他人へゆずる

「もう使わなくなったけど処分するのはもったいないから友人へあげる」
「そのまま捨てるのはもったいないからヤフオクとかメルカリで売る」

こういったパターンです。販売目的がNGなのはもちろんですが、ここでのポイントは有償無償に関わらず他人への譲渡自体がNGだということ。

良かれと思って友人にあげたとしても、それは個人利用の範囲から外れてしまうので注意が必要です。

【2】他人といっしょに買う

「同じEDの悩みをもつ友達といっしょに買う」

2人分を同じアカウントで買うと個人利用の範囲から外れてしまいます。それぞれ別アカウントで買う分には問題ないので、1人1個のアカウントで購入するようにしましょう。

【3】他人の代わりに買う

「彼氏がEDで悩んでてかわいそうだから代わりに買う」
「はじめての通販で抵抗があるから友人に依頼して買ってもらう」

個人輸入代行サイトを利用する場合は購入者と利用者が同じである必要があり、例文のまま購入すると第三者が登場してしまうのでNG。
応用ですが、利用する人の名義で注文と決済を済ませれば問題ないので、利用者本人と話してからその方法で購入するようにしましょう。ちなみに個人輸入代行サイトはこのしくみで運営されています。

個人輸入代行サイトが違法じゃないワケ

個人輸入代行サイトが合法な理由は購入者と製薬メーカーとの仲介のしくみにあります。

・購入者 商品の注文・決済
・製薬メーカー 商品の受注・発送
・個人輸入代行サイト 購入者のかわりに製薬メーカーへ注文・決済をする

つまり個人輸入代行サイトは仲介でしかありません。

全体的なやりとりは購入者と製薬メーカーが行なうもので、厚生省が提唱する個人輸入のルールにも収まります。

直接製薬メーカーからカマグラを輸入するとなると、言語のやりとりや意思の疎通がむずかしくなります。

したがって、個人輸入は商品えらびから発送までサポートしてくれる個人輸入代行サイトを利用するほうがスマートでしょう。

カマグラ通販 個人輸入のメリット

カマグラ通販 個人輸入のメリット

カマグラ通販における個人輸入のメリットは3つあります。

【1】ジェネリック医薬品を買えること
【2】処方せんが要らなくて楽
【3】スマホ1つで通販できる

それぞれ内容を掘り下げてわかりやすくお話します。

【1】ジェネリック医薬品を買える

個人輸入の最大のメリットは、病院では買えないジェネリック医薬品を買えること。

ジェネリック医薬品を買えればED治療のコストを抑えることができ、より続けやすくなります。

ED治療は長引くことが多いので、ストレスになりがちなコストは最小限にできたほうがいいでしょう。

【2】処方せんがいらなくて楽

個人輸入は処方せんがいらないので病院へ通う必要がなく余計な手間を減らすことができます。
購入する医薬品の知識は信頼できる通販サイトから得られるので、全く問題ありません。

カマグラ通販と通院はどっちがいい?

病院での治療は大きくわけて3つ。

【1】薬を飲んで治す
【2】注射を打つ
【3】勃起のサポートグッズを使う

とくに持病がなければ薬の処方だけで済むので、ED初心者にとって通院はあまりメリットがありません。

診察代や交通費なども別にかかるので、通販と比べたときにコスト感も変わります。

薬を何回試しても効かないといった場合は通院をすすめますが、そうでなければ通販で手軽に済ませたほうがいいでしょう。

【3】スマホ1つで通販できる

個人輸入が便利な理由は、手もとのスマホで簡単に注文ができるからです。

ED治療をはじめようと思ったとき、「通販で注文する」ほうがハードルが低いですよね。

通院の場合、処方される薬は病院側の都合になるし本当に知りたいことを聞けないことも多々。
それよりは自力で知識をつけてから通販で治療をはじめるほうが身のためにもなります。

カマグラ通販 個人輸入のデメリット

カマグラ通販 個人輸入のデメリット

カマグラ通販における個人輸入のデメリットは3つあります。

【1】なにが起きても自己責任
【2】到着まで2週間かかることもある
【3】決済後のキャンセルができない

それぞれ内容を掘り下げてわかりやすくお話します。

【1】なにが起きても自己責任

個人輸入でもし何かトラブルが起きたとき、責任は他の誰でもなく自分です。

海外医薬品の場合は医薬品副作用救済制度の対象外になるため、もし偽物を買って飲んでしまった場合でも保障はありません。

医薬品副作用救済制度とは?
日本で販売されている薬を飲んで重い副作用があったときに、国と製薬メーカーが入院費などをサポートしてくれるもの。海外医薬品の場合はこれに当たらないので、何が起こっても自己責任になる。

>>信頼できる通販サイトをえらぶコツ

【2】到着まで2週間かかることもある

海外発送は税関審査と運輸距離の長さに時間をとられるので、商品到着まではゆっくり気長に待つ必要があります。
製薬メーカーをうたって不正に国内から発送する業者もいるので、日数はかかるものとして認識しましょう。

【3】決済後のキャンセルができない

個人輸入代行サイトを利用する特性上、決済後のキャンセルは基本的にできません。

なぜかというと、すでに発送された商品は中古扱いになり、返品されても次の利用者へ販売ができなくなってしまうためです。

楽天やamazonなどであれば注文間違えでも送料負担で返品ができたりしますが、個人輸入代行サイトの場合はそれができないので要注意。注文内容が間違っていないかをきちんと確認してから決済をするようにしましょう。

個人輸入は自分のために

カマグラ通販は自分のために

個人輸入はメリットだけではなくデメリットもありますが、信頼できる通販サイトを利用することでほとんどのリスクを回避できます。

個人輸入のルールをしっかり理解した上で、ただしくED治療ができるようにしましょう。